読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるはゆるふわゆるるは

ブログ名いいのねぇかなぁ・・・。

#私の好きなアイマスセリフ (シンデレラ編)

皆さん元気でごぜぇますか、私は冷え症なので気温下がったらもう駄目です。

 

 

今回はシンデレラ編です、今回もなるべく長ったらしくならない程度にゆるっとやっていきますね~。

 

 

 

 

 

 

 

『静かなる蒼の息吹よ……我が剣に宿りて敵を穿て!ラズール・レオ!』

渋谷凛(プリンセスコネクト! 渋谷凛(R)個別ストーリー第1話)

f:id:rurutiger:20160914211538j:plain

 

も…ものすごく…蒼いです

 

 

こちらはCygamesとサイバーエージェントが共同開発した『プリンセスコネクト!』とのコラボでの発言。

 

あらすじをざっくり説明しますと、とある事故によって、ニュージェネの三人がプリコネ世界(デレマス世界とは別の近未来の日本)に迷い込んでしまい、自分たちの世界に戻るためVRゲーム内に発生した歪み(ぴにゃこら太)をプリコネの主人公一行と協力して駆逐していく…といった感じ。また並行世界に飛ばされてらぁ…。

 

画像のしぶりんの格好は、VRゲーム内の奴ですね。『ダイスDEシンデレラ♪』や『グランブルーファンタジー』でおなじみのふとももが気になる魔法剣士スタイルでございます。

 

 

もちろん、こんな呪文唱えたのにもちゃんと理由はありますよ。

 

ゲーム内の操作に慣れず魔法も上手く使えないでいたしぶりん。それを見かねた主人公が「呪文とか唱えてみたらどうか」とアドバイスをします。

 

そのアドバイス通り、アドリブで呪文を唱えた結果がなんとこれ、もう一度言うアドリブである。

その結果上手く魔法を使いこなせるようになるのですが、ゲーム内には「気合いの入ったの呪文を唱えるプレイヤー」がいるともっぱらの噂になったようです、ちなみに本人は全く自分の詠唱に対して全く疑問を持ってない様子、これが天然ものか…。

 

 

 

 

ちなみにグラブルで大分広まった蒼の剣、こちらでも使うのですが…

f:id:rurutiger:20160914220130j:plain

 

悪化してんぞ渋谷ぁ!!

 

グラブルの奥義の時より長くなった上に、呪文名含めに関連したワード三つ、コイツは筋金入りだぜ・・・。

 

 

 

いやぁなんというか、自分の中で、これ見るまでしぶりんって「どう接していいか分からない子」ってポジションだったんですよ、比較的ツッコミポジみたいな感じだし、二次創作になると変態化するしで、どう掴んでいいか分からなくて。

 

そんなときにこのプリコネコラボでこんなぶっ飛んだ詠唱やらかすわ、これ以外でも天然でのエッセンスを感じさせる場面を見せつけてくるわで…。

 

おかげで「あ、こいつ結構面白い子なんだな」って気づくことが出来ました。もちろん担当でもない自分の見方なんで「渋谷はこうなんだァ!」って意見の方がいたら、是非ともセールスしてやってください、担当の宣伝はPの仕事。

 

 

あ、あと最後に

おかえり、プリコネ!(来年プリコネRe:Dive配信決定)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『子供たちが、憧れの眼差しで見てる…。だまされちゃダメよッ!』

小関麗奈(アイドルマスターシンデレラガールズ 魔女っ子アイドルチャレンジ イベント内)

f:id:rurutiger:20160914222550j:plain

f:id:rurutiger:20160914222625j:plain

さてはてめぇ、いい奴だな?

レイナサマの良心溢れる発言。やっぱりコイツは悪人にはなりきれないんだなぁ…そこがいじm…魅力なんですがね。

 

 

この「魔女っ子アイドルチャレンジ」、周りは千佳ちゃんやら舞ちゃんやら「らしい」メンツが揃って「魔女っ子」役をやっているわけですが、なぜかその中に放り込まれ肩を並べて正義の魔法少女をすることになったレイナサマ、この人選は流石に驚きましたわ。

 

そしてレッスンを経て撮影に臨んだ先で、子供たちから向けられる純粋な眼差しに対して出たのがこのセリフ。うん・・・やっぱ君、ワルぶりたいだけで根はいい子なんやね・・・。

 

 

アイチャレとかアイプロって、アイドル一人と長く接することが出来るので、その子の魅力とかがより伝わってくるから、コレから好きになるってパターンが多いんですよね。自分も魔女っ子I.Cでレイナサマのこと好きになりました、いじめて可愛いがってを繰り返したいなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

『美しいものに性別などないものさ。男も女も、老いも若きも、みな魅了できる存在になればいい。なに、夢を見せるくらい造作も無いこと…(P名)くんには手伝ってもらうがね』

東郷あい(SR+[美貌の麗女] 東郷あい+)

f:id:rurutiger:20160914230942j:plain

やだもう惚れる

イケメンであり美人でもある、ある意味人間の完成体みたいな存在のあい様だからこその最高の名言。このセリフ聴いた時、カッコよすぎて鳥肌立った。

 

私、美的感覚やらその辺の影響か知りませんが男装の麗人タイプとかイケメン美人のキャラに好きなの多くて、あい様に関してはデレマス始めた時から「様」付けするぐらい好きです。

 

でも理想の体現に近いので、ファンに近い感覚かなぁ、担当って感覚とは違うかな…?

 

 

それにしてもあい様ってこの手のイケメンなセリフ容赦なく言ってズキュンズキュンしてくるけど、天性のものなのか、周りの理想に沿った形で身について言ったのかは未だに把握してないんですよね、もしこれ見ている担当の方いたらおせーて欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『小学生の頃から気になることは調べなきゃ気がすまない性格だったわ。フフッ』

八神マキノ(アイドルマスターシンデレラガールズ 聖靴学園の七不思議 イベント内)

f:id:rurutiger:20160914235802j:plain

それであの「趣味」につながったのか…

はい、私の担当アイドルの一人、八神マキノのお時間です。

 

アイプロ形式なので聖靴学園はマキノとずっと触れ合うことが出来て楽しかったですね、いつも通りのスタンスでマジレスしたり諜報活動したり、ときどき可愛い顔とか声出したり・・・うへへ。

 

 

 

なんつか、マキノって気がついたら自分の中で「担当アイドル」って位置に入りこんでた不思議な奴なんですよね。

 

最初見た時は「眼鏡、美人、巨乳、紫髪、髪型、なんだこの俺の性的興奮ポイント全部網羅したアイドル」って感じで見る度に変な感情が湧きあがってきて理性が蒸発しかけました。見た目は完全にド直球で好きです。

 

でもまだ担当って感覚ではなかったんですよ。単純に好みで担当決めてたら文香とかさえはんとか加蓮とか文香とか文香とか美優さんとか色んな子を担当として抱え込むことになってしまうし。

 

 

 

そんな中イベで来たのがこの聖靴学園なんです、そこで見たのがこのセリフ。

 

 

これでただの冷たいインテリ理論派ってイメージから「知りたがりがそのまま成長したのか…」ってなってほんわかと見られるようになりましたね。

 

 

 

あと凄い気に入ったのが「趣味:諜報活動」です。

18歳でこんな美人で頭良さそうなのに、こんなこと書いちゃう人って…思ってめっちゃ可愛いって思うようになりました。

 

最近だと10歳からの自分のデータを残してるとの情報が流れてますますモノホン感が増してますね、正直大好物です。

 

 

 

 

で、次第にカードも回収しはじめ、気がついたら「担当アイドル」って呼ぶようになっていたと言う、つまりは中身も見た目も好きなんだよコンチクショウって話でした。

 

 

総選挙は割と上位に食い込んでいたので、来年は頑張らんとなぁ…ボイスをプレゼントしてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 『覚悟はしていたつもりです。こんな私でも、優しくいられないときは来るんじゃないかって。でも…優しさに守られてきた私だから…今度は誰かを守りたい…ヴァルキュリアとして』

高森藍子(アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ [生存本能ヴァルキュリア]高森藍子+)

f:id:rurutiger:20160915154144p:image

生き残れぇぇぇ!(切願

バトルヒロイン的なイメージ過ぎて、藍子と夕美ちゃんの中の人が事務所に確認したレベルでまさかの人選となった、生存本能ヴァルキュリアでのひとこと。

 

 

どんな状況でも藍子は藍子なんだなぁと、「優しくいられない」と言いながらもその意思は優しさに満ち溢れていて…こういう「守るために立ち上がるヒーロー」みたいな王道展開は大好物です、でも死亡フラグは勘弁な。

 

 

いつものゆるふわでほっとする魅力とは違った、凛々しくも心優しい藍子が見られてとても新鮮で、デレステのイベの中ではダントツで好きな奴です。

 

 

楽曲も立ち上がらせる勇気を与えるような感じでいいですよね。

 

二番の歌詞は色々意見割れてますが、個人的には「甘えんなすがるな自分に負けんな」とも取れて勝手に激励と受け取ってます、藍子の「暇じゃないの私」とかゾクゾクすりゅぅ…。

 

 

 

しかし、藍子が「優しくいられないとき」とか、実際発生するのでしょうか…あまり想像したくないな。

 

私は、そんな「とき」が発生しないよう、藍子が優しくいられるように守る存在でありたいですね…。

 

 

 

よし、あとで見た時に恥ずかしさのあまり悶え苦しむ爆弾をしかけた、苦しめ苦しめふはは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、シンデレラ編、これで終わりです。

久しぶりに長文を書いて、自分の考え方やらをぶちまけられて楽しかったです、多分後で読み返したら自分でもちんぷんかんぷんになりそう。

 

 

 

 

 

それでは皆様、また会えたら。